酸素カプセルについて

酸素カプセルの注意点

酸素カプセルとは、カプセルの中の気圧を標準気圧以上にできる加圧装置を備えた装置の事です。高圧酸素カプセルや高気圧酸素カプセルともよばれます。 主な使われ方は人に対しての健康機器です。人間一人分のスペースがあるカプセルの内部に入り密閉をして、加圧装置によって、カプセルの気圧が1.1や1.5の程度の気圧になる仕組みです。機種によって酸素濃縮器がついているものもあります。 水深3メートルの潜水と同じ感覚で、人体に健康被害が起こる心配はありません。しかし、耳抜きという行為がする必要があります。日常でも行うのですが、中耳の内圧を外部の気圧と平衡させる目的があります。唾液を飲み込んだり顎を動かすだけで行える行為です。

知っておくと良いこと

酸素カプセルを用いて良い点は、疲労回復や血行促進につながることです。カプセル内で横になって休息することで、上昇した酸素分圧を背景に肺胞から酸素を取り入れる効率を向上させます。 人間にとって空気中の酸素濃度が30パーセントが適度だと言われます。しかし、現在は濃度21パーセントの中で生活をしているのです。大気汚染でますます酸素が減ります。そんな時に酸素濃縮機能付きの酸素カプセルを利用しましょう。酸素を多く取り込むことによって脳がリフレッシュし、集中力を高めることができます。全身のこりや冷え性も、酸素がいきわたり新陳代謝が活発になります。そして、ダイエット効果にも?がります。疲れにくくもなり、運動が多く行えます。