肩こりを解消するには

知っておくと良い肩こりの情報とは

日本人に多いといわれる辛い肩こりですが、スッキリする解消法があったら知りたいと思う人が、多いのではないでしょうか。肩こりとは簡単にいうと、筋肉が疲労することをいいます。パソコンやスマホを悪い姿勢で長時間見たり、精神的なストレスが溜まると、肩の筋肉が緊張してこわばり血流が悪くなります。その結果疲労物質の乳酸が溜まって、肩がだるい重苦しいといった不快な症状を感じるようになります。眼精疲労や内蔵の慢性疾患が原因で肩こりを引き起こしている場合もあります。その他過労、睡眠不足、運動不足などが原因として考えられますが、そのうちの85%は自分で解消できるといわれています。残り15%は病気や骨の異常からくるものなので、医師の診療が必要になります。

解消法を工夫することで得られるメリットとは

肩こりの解消法は四つ考えられます。一つ目は病院に行くこと。二つ目は市販薬は沢山出回っているので、痛みが辛い人は試してみること。三つ目は鍼灸マッサージや整体など受けてみること。四つ目は自宅でできる簡単な温熱療法、ストレッチ、呼吸法などです。使い捨てカイロや蒸しタオル、ドライヤーを使って、気持ちが良い温度で患部を温め、血流を良くしてこりを和らげます。また、浅い呼吸は胸や肩を使い肩こりにつながります。普段から下腹を意識して、腹筋と横隔膜を使った深い腹式呼吸をすることで、全身の血のめぐりを良くすることができます。パソコンで作業するときは一時間に一回は休憩して、簡単なストレッチをしましょう。肩こりを放置すると、不眠やうつ病の原因になることもあるので、早めに解消することです。